肺高血圧症ナビ

患者さん ご家庭の皆さまへ

文字サイズ大中小

肺高血圧症とは

肺高血圧症になると、初期には坂道や階段を登るときに息切れがしたり、疲れやすくなったりします。
病状が進んで右心室のはたらきが悪くなると、顔や足などにむくみがあらわれるようになります。
さらに進行すると、失神やせき、血の混じった痰があらわれたりします。

初期症状



病気が進行
すると…
  • 軽い動作をしたときの息切れ
  • 疲れやすい、体がだるい
  • 息苦しい
  • たちくらみ、めまい
  • 顔、足などのむくみ
  • 運動時の動悸、めまい、失神
  • せき、息をするときヒューヒューと音がする、しゃがれ声、血の混じった痰
  • 胸痛、息切れ
  • うつ状態、元気がない
「肺高血圧症が発症し、進行する過程」へ
ページの先頭へ