肺高血圧症ナビ

患者さん ご家庭の皆さまへ

文字サイズ大中小

エポプロステノール静注用「テバ」をご利用の皆様へ

3つの作業

薬液の調製 薬液の調製は、毎日(1日1~2回)行います。
器具の交換 交換する器具には、ポンプ・カセット・フィルター付延長チューブの3つがあります。
ポンプとカセットは、毎日(1日1~2回)交換します。
フィルター付延長チューブは3日に1回交換します。
カテーテル挿入部の消毒 医療機関によっては、自宅で行わない場合もあります。自宅で行うかどうかや、行う場合はどのような頻度で行うかについては、主治医の指示に従ってください。

上記の作業以外に、使用した器具や薬を廃棄する必要もあります。

更に詳しいステップはこちら

作業の詳しいステップ

クリックしていただくとそれぞれの説明ページをご覧いただけます。

作業前 手洗い・テーブルの消毒
薬液の調製 必要物品の準備
注射器の準備
専用溶解用液を吸い込む
エポプロステノールを溶かす
薬液を注射器に吸い込む
注射器から空気を抜く
薬液をカセットに注入する
残りの専用溶解用液を吸い込み、カセットに注入する
カセット内の空気を除去する
器具の交換 新しいカセットに替えのポンプを取り付ける
ポンプの設定を確認する
新しいカセットとフィルター付延長チューブを接続する
(フィルター付延長チューブの交換を行わない日は実施しません)
プライミングを行う
使用中のポンプを停止する
カテーテルのクランプをとめる
接続するカセットを新しいものに交換する
クランプをはずし、ポンプを始動する
アイスパックとともに、カセットをポーチ・ウエストバッグに入れる
カテーテル挿入部の消毒  (行うかどうかとその方法は主治医の指示に従って下さい。)
自宅で行う作業で最も注意すべきことはカテーテル感染です。その予防のためにも、一連の作業を定期的に、かつ、無菌的に行うことが不可欠です。
「携帯型輸液ポンプについて」へ
「手洗い・テーブルの消毒」へ
ページの先頭へ