肺高血圧症ナビ

患者さん ご家庭の皆さまへ

文字サイズ大中小

エポプロステノール静注用「テバ」をご利用の皆様へ

1 手洗い、テーブルの消毒

2 必要物品の準備

薬液の調製で使用する物品を、テーブルの上に準備します。 注射器、注射針およびカセットは、封を開けて袋の中に入れたままにしておきます。 エポプロステノール静注用「テバ」(以下、エポプロステノール)および専用溶解用液は、キャップをはずし、ゴム栓をアルコール綿もしくはポビドンヨード液を含ませたペーパータオルで拭きます。

3 注射器の準備

注射器の先端に触れないように気を付けながら、注射器に注射針を取り付けます。 次に、注射器の内筒に触れないように気をつけながら、空気を55mLほど吸い込みます(後で吸い込みたい液量より少し多めに、空気を吸い込んでおきます)。

4 専用溶解液を吸い取る

注射針のキャップを外し、注射針や注射器の袋の中など、清潔な場所に置きます。 注射針を専用溶解用液のゴム栓の中央部に直角に突き刺し、注射器内の空気を入れます。力を緩めると、空気を入れた分だけ専用溶解用液が注射器に吸い取られますので、50mL吸い取ったら針を抜きます。 このときも、注射針と注射器の内筒には触れないように注意しましょう。

専用溶解用液のアルミキャップは、使用が終わるまで決して外さないでください。

5 エポプロステノールを溶かす

エポプロステノールのゴム栓の中央に専用溶解用液の入った注射器の針を直角に突き刺し、専用溶解用液をゆっくりと5mLほど注入します。 勢いよく注入すると薬液が泡立ってしまうので、注意して下さい。 粉末が溶けて透明になるまで、泡立てないように静かにバイアルを回します。

6 薬液を注射器で吸い取る

エポプロステノールが溶けたら、バイアルを上にして薬液を全て注射器で吸い取ります。 エポプロステノールのバイアルが2本以上ある場合は、5と6の手順を繰り返します。

7 注射器から空気を抜く

薬液を吸い込み終えたら、注射針にキャップをつけます。 注射器に入った空気は、注射針側に集めてから内筒を押して抜きます。

8 薬液をカセットに注入する

注射針を注射器からはずし、注射針や注射器の袋の中など、清潔な場所に置きます。 カセットのチューブに付いているキャップをはずします。チューブの先端を触れないように注意しながら注射器とつなぎ、薬液をカセットに注入します。専用溶解用液のバイアルが1本である場合は、9は行わずに10へ進みます。専用溶解用液のバイアルが2本である場合は、9を行った後に10へ進みます。

薬液を入れる途中、空気が入って注射器の内筒を押しにくくなった場合は、必ず内筒を引いて空気を抜きましょう(空気の抜き方は10を参照)。力づくで内筒を押すと、カセット内のバッグが破れ、液漏れの原因となります。

9 残りの専用溶解液を吸い込み、カセットに注入する

カセットチューブのクランプをとめてから、注射器をチューブからはずし、チューブの先端にキャップをつけます。 3と4の手順に従って専用溶解用液を注射器に吸い込み、7の手順に従って空気を抜いてから、注射針を注射器からはずします。 カセットチューブのキャップをはずして注射器をチューブに接続し、クランプをはずしてから専用溶解用液を注入します。

10 カセット内の空気を除去する

カセット内に空気があるかどうか調べます。カセットを傾け、カセット内の空気を薬液の出入口に集めます。 注射器をゆっくりと引き、カセット内とチューブ内から空気を除きます。完全に空気が抜けたら、クランプをとめます。 最後に注射器をチューブからはずし、チューブ先端にキャップをはめます。

カセット内のバッグでシワになっているところ、チューブとカセットの接続部などは、空気が残りやすいので特に注意しましょう。 エポプロステノールは時間投与量が少ないため、空気の混入があると、投与量に誤差が生じます。カセット内の空気は必ず抜いてください。

作業がわかる・解説ムービー ※動画の再生には「Adobe FlashPlayer」が必要です。

「3 薬液の調製・カセットの作業」(7分39秒)
映像中のエポプロステノール静注用「タイヨー」は、エポプロステノール静注用「テバ」に名称が変更されています
「薬液の調製」へ
「薬液の調製 ― 注意点」へ
ページの先頭へ