肺高血圧症ナビ

患者さん ご家庭の皆さまへ

文字サイズ大中小

エポプロステノール静注用「テバ」をご利用の皆様へ

エポプロステノール(溶解前)の保管に関する注意点

遮光した状態で、室温(1~30ºC)で保管して下さい。

エポプロステノールは、光にあたると分解してしまいます。
そのため、保管時は光があたらないようにする(遮光する)必要があります。

薬液を調製する際の注意点

  • エポプロステノールの溶解には専用溶解用液を使用し、他の液での溶解はしないでください。
  • 注射器の内筒には触れないでください。
  • 専用溶解溶液のアルミキャップは、使用が終わるまで決して外さないでください。

アルミキャップを外してしまった専用溶解用液は、使用せずに捨ててください。

薬液の保管に関する注意点

調製した薬液を保存する場合は、冷蔵庫(2~8ºC)で保存して下さい。冷蔵保存は原則24時間までとし、それまでに投与を開始してください。

エポプロステノールは、溶解すると安定でなくなり、室温では8時間しかもちません。 薬液を冷蔵保存する際には、薬液をカセットに入れた状態で、保存してください。カセットは、食べ物などと接触しないように、ビニール袋やタッパーなどに入れて保存して下さい。 冷蔵保存した薬液でも、調製後48時間以内に必ず使用を終了してください。

「薬液の調製 ― 手順」へ
「器具の交換」へ
ページの先頭へ