肺高血圧症ナビ

患者さん ご家庭の皆さまへ

文字サイズ大中小

エポプロステノール静注用「テバ」をご利用の皆様へ

手順

エポプロステノールの持続静注を中断する時間を短縮するために、ポンプの準備を行ってから交換します。

1 手洗い・テーブルの消毒

2 新しいカセットに替えのポンプを取り付ける

新しいカセットのチューブのクランプがとまっていることを確認します。 替えポンプの止めネジにコインを差し込み、時計回りに回して保護カセットをはずします。 新しいカセットのフックに替えのポンプ底面のピンをかけて2つを合わせ、ポンプを下に押し下げて取り付けます。 止めネジにコインを差し込み、反時計回りに90度回して固定します。正しく装着されていれば、止めネジの溝がテーブルに対して垂直になります。

カセットをしっかりと取り付けてください。しっかりと取り付けられていないと、薬液が漏れたり、血液が逆流する原因となります。

3 ポンプの設定を確認する

ポンプの電源を入れ、ポンプの設定を確認またはリセットします。


  • ロックレベル:LL0(=触らない。)
  • リザーバー容量:リセット
  • 投与速度:主治医に指示された速度(=触らない。ただし、主治医の指示により速度を変更する場合は、ここで変更します。)
  • 投与済量:リセット
  • 気泡検知:Off(=触らない。)
  • アップストリームセンサ:Off(=触らない。)
  • 閉塞検知感度:High(=触らない。)

最後に、それぞれの画面を順次表示して、再度確認してください。
問題がなければ、使用中のポンプをバックから取り出し、テーブルの上に置きます。

投与量・投与速度は主治医の指示がない限り変更しないで下さい。

4 新しいカセットとフィルター付延長チューブを接続する

※フィルター付延長チューブを交換する日のみ実施する手順です。


フィルターと延長チューブが別々の場合は、接続しておきます。 フィルター付延長チューブの、フィルターから遠い方のチューブキャップをはずします。 カセットのチューブのキャップをはずし、フィルター付延長チューブと接続します。

作業がわかる・解説ムービー ※動画の再生には「Adobe FlashPlayer」が必要です。

「4 器具の交換 カセット・ポンプ・フィルター付延長チューブ」(6分45秒)「5 器具の交換 カセット・ポンプ」(2分13秒)
「器具の交換」へ
「器具の交換 ― 手順5~10」へ
ページの先頭へ