肺高血圧症ナビ

患者さん ご家庭の皆さまへ

文字サイズ大中小

FAQ -よくあるご質問-

トラブルとその対処方法について

Q ポンプのアラームが鳴ったら

ポンプのトラブルで投与を中断しても、すぐに効果がなくなるわけではありません。
あわてず画面表示を確認の上、落ち着いて対処するようにしてください。

ポンプ動作中のアラーム対処後は、ポンプを再スタートさせて、薬液が送液されていることを確認してください。 再スタート時の投与速度は現在投与している投与速度にしてください。勝手に投与速度を変更することは危険です。 すぐに原因がわからない場合は、予備のポンプと薬液に交換しましょう。

画面表示 原因 対処方法
デンチギレ 電池の消耗 早めに電池を交換する。
デンチ
フリョウ
電池の消耗
(「デンチギレ」のアラームを無視して使用を続けた)
直ちに電池を交換する。
コウアツ アラーム
ヘイソク アリ
ラインの閉塞 閉塞状態を解消する。
  • チューブがねじれている、折れ曲がっている
  • ねじれ、折れ曲がりを直す。
  • クランプがとめられている
  • クランプをはずす。
ドウサチュウ
リザーバ LOW
カセット内の薬液が5mL以下に減少 新しい薬液を調製し、新しいカセットと交換する。
キホウケンチ 空気の泡が発生 ポンプを停止し、空気を除去する。
ストップ スタートボタンの押し忘れ ポンプをスタートする。使わない場合は電源を切る。
アップストリームヘイソク ポンプからカセット側での閉塞
(強い衝動が加わった、カセットに規定量以上の薬液を充填した など)
ポンプとカセットの間でチューブが閉塞していないかを確認する。
(各ケースによって異なります) ポンプの故障
電池の接触不良 など
電池を抜いて入れなおすか、新しい電池に交換する。
それでも直らないときは、ポンプを交換し、取扱業者に連絡する。

詳しくはポンプの取扱説明書をご参照ください。


<< 一覧に戻る

ページの先頭へ